一番槍の誉れ

一番槍(いちばんやり)とは、を用いて交戦の口火を切る軍団もしくは個人のこと。主に戦国時代の合戦で用いられた言葉であるが、現代社会においても最初に手柄をあげた人の事を指す。

2017.10.22.14.39.17フリート戦の一番槍といえばなんだろうか。

私はTacklerだと思う。相手を倒す為には相手の船が逃げれないよう、その場所に留めておかなければならない。戦いの火蓋を切るのはいつだってTacklerだ。

10/22の21:00頃、私はJitaからIkoskioに向かっていた。

「FGでPvPしようぜ、カイトね」

そう誘ってくれたのは、うちのCEOとNightcapだ。暫くEVEを離れ、一週間ほど前に復帰した私に慣らしのPvPとして最適な誘いだった。Jitaに保管していたFGに乗り、ゲートからゲートへの退屈なワープを繰り返している時、緊急コールが鳴った。

「面白い話がきた」

 

いつだって面白い事は突然やってくる。

“一番槍の誉れ” の続きを読む

広告