今月のサムライキルボード(2016/10)

(ご挨拶)
はじめまして。TASPO社所属のneibis rudusと申します。EvEでの普段の活動はスカーミッシュ系のPvPを開いたり、参加したりしてlossを作ってます。(最近ロジ役が多いためkillに載れない。ロジの宿命。)
今月初めに行われたAlliance Tournament 14 ではFlagShipに乗って見事に爆発四散
日本人のサブキャピタル最高額lossなのか定かでは無いですが。。

この記事では本アライアンスSAMURAI SOUL’d OUTのキルボードより気になるkill,lossから3つずつ紹介していくというコーナーです。気になるの判断はneibisが勝手にします。
では早速いってみよう。

Kill編

その1
Eos kill
ST前に浮いてたlink艦をMagusで飛ばしてkillしたやつですね。なぜかEosが妙に高いですけど。。次のアップデートからはこういう光景もなくなるでしょうね。寂しいというか、時代の流れか。

その2
Dramiel kill
中旬位になぜかブームだった海賊FGフリートの一幕。僕が乗ってるDramielもほぼこのkillと同じものでした。これ、linkが入った状態だと1MNABなのに3000m/sで走るのでそこらのカイト艦は捕まえられるんですよね。しかもこれに加えてAsklepianインプラントのせいで300DPSまで耐えられる。シグネチャも極小なので普通のCLはただの餌。。
これとlongpoint役のSuccubusのコンビは強かった。はっきりいって無双。

その3
Venture kill
WHではこんなことが。見るべきは殺されたVentureでは無くて殺した方。Echoってなんですか。
ECOHI社はたまに変なkillがあるから面白い。Prospectとか。

Loss編

その1
ScytheFI loss
ScytheFIてのはCLの中でも恐ろしいほど速い船で、よくnanoキラーと呼ばれている船です。これを利用してさっさと捕まえた後にフリートを呼んで全員でタコ殴り、そしてRRをしだすという発想。安くて結構良い戦果が出せると思ったけどブラスターtenguは抜けなかった。
次回作にご期待ください。

その2
Machariel loss
Braveにひき殺されるの巻。死んだ原因は所謂船のチョイスミスである。
Rollstone曰く、全員(検閲)[100MN系のコンプ]なら勝てた。同感です。
なお、その数日後Caracal Fleetが組まれた模様。

その3
Barghest loss
例のアレ。Alliance Tournament 14での出来事。
まず、キルボード上では19.41Bと表示されてるけど実際の購入金額は27B位してる。melilotさんありがとうございました。本当は僕が乗る予定では無かったのだけどリーダー不在となったため代わりに乗ることに。
AT練習中で(普通に出てくる中で一番硬い)TyphoonFIなら沈む前に落としきれると検証がなされて、実際にTyphoonFIが出てきた時には勝てると思っていたものだが。。後で振り返ってみればあれはABのTyphoonFIで全くミサイルダメージが入っていなかった。つまり検証していない完全な予想外なfitだった。この時点で勝ち目は無かった。
SAMURAIの試合のちょっと前にFraternity の試合があったんだけどそこが同じような感じのBarghestコンプで敗れてて、そこから暗雲立ち込めてましたね。(ちなみにFraternityとは本番の2週間前位に練習試合をしていた。あとはお察しください。)

以上、サムライキルボードまとめでした。11月もお楽しみに。
(記事に関するコメントも待ってるよ)

広告
カテゴリー: Blog

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中